日々是々日記 原智彦の「手前味噌」

お芝居のこと、お祭りのこと、大須のこと、日々思う事をポツリポツリと書かせていただきます。
hara-art
原智彦

 原 智彦(はら ともひこ)
 役者・ダンスパフォーマー・作劇

 生年:1946(昭和21年生まれ)

 経歴:
 長野県木曽谷に生まれ、小学生より名古屋。
 20代より美術活動。
 1970年に県美術館にて「ゴミ」を作品として出品、大問題となる。
 その時応援に駆けつけた岩田信市氏と以後活動を共にする。
 「原告としてゴミ裁判」 「頭脳戦線」 「KICK」 「ロックオペラ」
 「名古屋市長選(1973年)」
 1976年 大須に移り住む。
 1978年 「大須大道町人祭の実行委員長」
 1979年 岩田氏と共にロック歌舞伎「スーパー一座」結成。
       座長として現在に至る。

 近年、30年の歌舞伎役者で得た伝統力ある身体を自在に操る
 ユニークなダンスパフォーマンスで美術家・音楽家との
 コラボレーション。
 又、自身による作・演出も始め、JR鶴舞駅高架下ハポン劇場にて
 「姨捨」「北斎とお栄」「人喰いサーカス」「草枕」を作る。

 2011年より名古屋能楽堂で「パンク歌舞伎」を3年行う。
 また2012年からは大須七ツ寺共同スタジオにて「大須HAIKAI劇場」をスタート。
 劇場と大須の町中を舞台とする「回遊式芝居」は
 大須の夏の風物詩となりつつある。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE