日々是々日記 原智彦の「手前味噌」

お芝居のこと、お祭りのこと、大須のこと、日々思う事をポツリポツリと書かせていただきます。
<< [147]3回目の大鹿村 | main | [149]あゝ秋日和 >>
[148]嗚呼メデタイな 橋の下
1

あっという間の3週間。

「橋の下世界音楽祭」が終わってから次の公演、

豊田西町会館「姥捨」(6月30日〜7月2日)の準備に忙殺されて、

書くこといっぱいあるのにコンチクショウ。

やっと目鼻がついたので橋の下の事から描きます。

 

今年のハラプロはいつもの「コミック歌舞伎」と違って、

パフォーマンス「HAIKAI」。

俳句の「俳諧」と、アチコチする「徘徊」をかけ合わせてある。

誰でもデキル、シンプル極まりない。

基本は超ユックリの歩行。

一歩踏み出すのに全身で立ち向かう。

100m20分かける。

サルバトール・ダリの「溶けた時計」のごとく、

いつもの時間が途方もなく「ノビル」。

生きてきた自分の全時間くらい。

50の魂が浮遊し、キャベツを喰い合う「最後の晩餐」。

その日、急ごしらえの「HAIKAIバンド」も加わり即興の大宴会。

50の魂がぶつかり交じり合う。

「ウマクイッタ。」「オモシロカッタ。」

 

 

いろんなモノがいろんな人が「徘徊」浮遊し、

いろんな出会い、交じり合いが起こり、

世界を一瞬にして17音に凝縮させる「俳諧」のように…。

 

今年の「橋の下」はそんな事がアチコチで起こった。

青い空の下、風になびく草穂の様に。

自然に、気取らず、当たり前のように起こった。

私はその「当たり前」が好きだ。

私の好きなポップアート(ポピュラーアート)とはこの事なのだ。

私の辞書ではポップアートとは、

「平凡な事を楽しむ芸術」とある。

 

ー メデタイな 嗚呼メデタイな 橋の下 ー

 

つい、私には珍しく写真をたくさん写した。

 

 

 

 

 

| hara-art | 原智彦の「手前味噌」 | 13:02 | comments(0) | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE