日々是々日記 原智彦の「手前味噌」

お芝居のこと、お祭りのこと、大須のこと、日々思う事をポツリポツリと書かせていただきます。
<< [142]ハト、ありがとう。 | main | [144]ダリ旅 vol.1 >>
[143]モザイクとミステリ
0

    言い方は変だけど、ちゃんとしたホールでの公演は何時以来だろう。

    思い出せない。

    役者として出演したことはあるが、私の芝居としては永らくない。

    私の芝居は演る場の力が大切、作品に合うオモシロイ空間を作れる所を選ぶ。

    既存の小屋としては大須演芸場、名古屋能楽堂、七ツ寺共同スタジオ、KDハポン始め、

    本当に色々な所で演ってきた。

    〇〇劇場、〇〇ホールと名の付く所は少ない。

     

    であるので、3月5日「多治見市笠原中央公民館」の「姥捨」公演は本当に久しぶりのホール公演だ。

    650席の中ホール。

    デカすぎる…。

     

    「姥捨」初演はKDハポン〈鶴舞中央線高架下のライブハウス〉畳3枚極小の舞台だった。

    50倍の広さのこの舞台、どう料理するか。

    ここは40年間、世界を股に磨き上げた私の腕の見せどころ。

    結果は上々、予想を超えたお客さんに喜んでもらえたし、

    館の皆様とのスタッフワークも気持ち良くはかどり、

    なにより私共ハラプロ内のコンビネーションも良かった。

     

    今年は「姥捨」、「ベニスの商人」、パフォーマンス「HAIKAI」と、

    合わせて8ヶ所での公演、まずまずの滑り出しでした。

     

    ここ笠原は戦後モザイクタイルの一大産地で大変栄えたが、

    世の移ろいにつれ今は随分と静かだ。

    が昨年、消え行くモザイクタイルを憂えた人達の力で、

    全国の解体される住宅の風呂、台所の流し、トイレ、銭湯のモザイク絵など、

    全国から集めたモザイクタイルのミュージアムができ、

    今日最も行ってみたいミュージアムのひとつになった。

    皆さんも是非言ってみてください。

    山を真っ二つに割った様なおもしろい建物。

    ビックリです、オススメします。

     

     

    公演終了後、少し町をブラブラ。

    私は知らない町をブラブラが好きだ。

    「アレ、ヤッテルカナ〜。」近くまで行って中が明るい、

    「アーヤッテルンダ〜」となる喫茶店。

    時間がないので入るのはやめたが「コーヒーごはん」と大書された食堂、気になる。

    (コーヒーごはんってなんだろう、なんの説明もない。ここ笠原では当たり前のごはんなのか。)

    次来る時は是非味わいたい。

    店のアピール度が少ない。

    皆知ってるので宣伝など意味ないのだろう。

    「ノンキな町」好きだなあ。と話しながらの帰り道。

    と?あれ、さっき来る時は「エリ」という喫茶店だったのに、

    帰る時は「リカ」になっている。

    ??

    ミステリ発生。

    よく調べた結果わかった。

    本当の店名は「エリカ」である事。

    3文字のうち一番左側の看板が一個取れてなくなっている事。

    たぶん、どちらから見ても、エ・リ・カと読める様作られたものが、

    今では同じ喫茶店でも来る方向によって違う名の喫茶店になる「ミステリーカフェ」となっているのだ。

    取れた箇所を見るとだいぶ前に取れたものと思われる。

    ナントおおらかな。

    小さいことにこだわらない懐の深さに驚かされる。

    思わずほっぺたが緩む。

    仲良くなりたい町だな。

    また呼んでくれるとイイな。

     

     

     

    | hara-art | - | 11:43 | comments(0) | - | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE