日々是々日記 原智彦の「手前味噌」

お芝居のこと、お祭りのこと、大須のこと、日々思う事をポツリポツリと書かせていただきます。
<< [136]ゴーゴーラストダンス! | main | [138]100人HAIKAI >>
[137]町の小っちゃな庭
0

    今、庭にハマっている。

    マンション住まいだけど小っちゃな庭がある。

    果樹と野菜が主。

    年間収量はけっこうある。

     

     

    イチジク、カキ、ユズ、キンカン、ナツメ、ユスラ、フィージョア(南国の癖になる味の不思議な果物)。

    葉っぱ色々、キュウリ、ダイコン、ミニトマト、ピーマン、ナス、十六ササゲ、エンドウマメ系等。

    特にキュウリ、十六ササゲ、ナツメは大量に採れるので半分は近所におすそわけ。

    十五坪程だが思いのほか採れる。

    ネギ、シソ、ハーブ等は薬味としてありがたい。

    今はダイコン、青菜。ユズ、キンカンは終わりがけ。

     

    私は山の生まれなので、土や草木に馴染みが深い。

    ここ一年、芝居づくりにかつてなく専念したのでその反動か、庭にいる時間が長い。

    ぼーっと気が休まる。

    どだい絵を書いたり芝居やったり、文化芸術なんてものは変態の行為であるから、

    「気」を普通に戻すひとときがいるだろう。

     

    そんな庭に朝の一時、鳥がよく来る。

    大須の町を上空より眺めて暮らす彼らからすると、

    私の小さな庭は餌場として上位にあるらしくよく飛来する。

    カラス、ヒヨドリ、メジロ、スズメみたいな鳥。

    以上4種、たまにハト。

    体外ペアで片方が先に来てしばらくチュンチュンカアカアした後にもう一匹が来る。

    しばらくチュンチュン飛び回って(視察して)どこかに飛び去る時もあれば、

    食事をしだすときもある。

    何を基準に「いただきます」するのかよく分からぬ。

     

    イチジクの場合、「あーそろそろだな、もう一日置くか」、

    で翌朝、「あ〜やられた」となる。

    よく食べごろが分かるなと感心する。

    イチジクをついばむのはヒヨドリ。

    歯型というかくちばし型で分かる。

    一個丸ごとは食べない10分の1位ちょっちょとついばんである。

    私は残りを食べる。

    キンカンもほんのたまにつつき跡。

     

    ところが一週間ほど前、やにわに全量の半分位がやられた。

    廻りに種が飛散している。

    どうやらカラスだ。

    「ええい、にっくきカラスめ。」

    カラスはでかい。

    羽を広げると90cm位はある。

    でっかいくちばしから種をプップップと所構わず吐き散らしている姿を思い浮かべると、

    愛すべく悪役の歌舞伎役者、

    濡れた黒羽織の似合う「定九郎」の様でいいなと思う。

    が、私はすぐさま残りのキンカン、黄色いものを全部摘み取った。

    残したのは「これは苦いぞ。」と思える青いもの5個。

    何もこうまでしなくても、とさもしい私の心根が恥ずかしい。

     

    寒い冬の一時だけ、こんな町の一角でも大自然の生命のやりとりが垣間見れる。

     

    メジロがツバキ、サザンカの花びらを食べ散らかす。

    ハラハラと散る赤い花びら、緑のメジロとダンス踊る様。

    いいなとうなる。

     

    少し前、寒い日が続き2日ほど雪が舞った。

     

     

    雪の積もった庭でお茶をすすりながら雪の舞うのをじっと眺めていた。

    町は昼なのにシーンとしている。

    ビルの隙間を吹き抜ける雪。

    上へ下へ意思があるのか雪の舞、雪のダンス。

    随分長く庭にいたのに手は冷たくなかった。

     

    今年、私の一番の芝居「姥捨」を数か所で行う。

    二年前に演ったばかりだ。

    なのに今また「ババ」を演じる。

    何が私を突き動かすのか。

    何かが無くなり何かが生まれる。

    雪の舞がナニか私に囁いてくれたようだ。

     

    最近町の小っちゃな庭にいる時間は長い。

    気づかなかった美しいものをいっぱい見せてくれる。

     

    4度目の「姥捨」再再々演。

    今度はナニが見えるのだろう。

    | hara-art | 原智彦の「手前味噌」 | 21:54 | comments(0) | - | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE