日々是々日記 原智彦の「手前味噌」

お芝居のこと、お祭りのこと、大須のこと、日々思う事をポツリポツリと書かせていただきます。
<< 12/19〜23 復活!パンク歌舞伎『ハラ版天守物語』ハラプロジェクト×TURTLE ISLAND@名古屋能楽堂 | main | [120]5回目の東北 >>
[119]
0
    この所の長雨で東山の山歩きの道端はキノコ盛り。
    一万歩コース何処を見てもキノコだらけ。
    直径30cmくらいのデッカイのにはビックリ。
    私のキノコ歴60年の中で一番。
    バケモノ級だ。



    東山周辺では7月頃にぱっと生え、8月にナリを潜め、9月になって一気に満開だ。
    「キノコだキノコだ、キノコ祭だー。」
    林の中はすっかり秋。
    夏のような風も通さぬ茂り方、絞れば緑滴る森の中、みたいではなく、
    麻の生地みたいに風通しもよく林全体も黄ばみ始める。
    そうなってくると夏の間余り目立たなかった緑の苔が木漏れ日に赫き出す。
    キレイ。
    艶めかしい緑の褥、触るのさえ憚られる色の美しさ。
    参ったなーと思う。
    満足に思う。
    嬉しい一時。
    苔やキノコやシダは、ずーっと昔懐かしい記憶のいっぱい詰まったふっかふかの寝床みたいで妙に安心する。

    それにしてもあのでっかいキノコはなんだろう。
    帰って本を調べてもわからない。
    大きいと言えば「ニオウシメジ」というとんでもなく大きい(椅子くらい。)ものもある。



    キノコといえば恐ろしいのは毒キノコ。
    今回、見事とも言える猛毒のキノコ、
    食べたら10人中7人は死ぬと言われる毒キノコの横綱「ドクツルタケ」を見つけた。



    写真のように真っ白で白雪姫かのようにも見えるしあまりの白さに気味悪くも感じられる。
    30年位前か、ここ東山周辺でこのキノコで死亡した新聞記事を覚えている。
    日本の毒キノコ死亡者の半数はこれらしい。
    写真にサングラスをかぶせてあるので大きさはわかると思うが見かけは大きく立派である。
    しかも道端すぐに堂々と4本並んでいる。
    勿論私は取らないし食べない。
    しかしひょっとして誰か取って食べて死ぬ人もいるかもしれない。
    この日の山歩きで20種類位のキノコを認めたが私が食べたことのあるキノコはなかった。
    私は山のキノコを食べる。
    だからキノコに対してものすごく用心深い。
    食べ慣れた10種類位しか手を出さない。
    毒キノコと紛らわしくなく、かつ新鮮な、かつおいしいキノコとなると、そんなにはない。
    また、昔キノコ採りの名人について山歩きをしていて、
    同じキノコでも尾根の風通し良く日当たりのいい所のものはとっても良いが、
    谷筋の暗くジメジメした所のものはダメだと教えられた。
    たぶん東洋の陰陽道の立場から谷筋のものはお腹を下しやすいからだと思われる。
    なるほど、奥が深いなー、面白いなー。
    もし食べ物がキノコだけの世の中になったらスリルとサスペンス。
    おっかなびっくり波乱万丈の人生だな。
    と思いながらの、久しぶりの秋の東山巡りでした。
    | hara-art | 原智彦の「手前味噌」 | 18:59 | comments(0) | - | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE