日々是々日記 原智彦の「手前味噌」

お芝居のこと、お祭りのこと、大須のこと、日々思う事をポツリポツリと書かせていただきます。
丸いもの万歳!
0
     衣装の丹羽です。
    「お熊空唄」まであと一ヶ月ちょっととなりました。
    稽古場もみんなの熱気でムンムンしております。

    衣装もだんだんと決まってきて、ぼんやりしていたイメージがいよいよ具体的な形になって参りました。
    今が一番楽しい時かも!

    今日のテーマは◯です。

    直径3cmのアルミの輪っかです。

    こっちは少し小さい金色の輪っか。

    豆粒くらいの鈴。いい音します。

    これらはすべて、かつて原さんがやっていたアクセサリー屋さんの材料です。
    どれも袋に一杯、引き出しの中にいろんな種類があります。

    衣装を作るようになって特に感じる事、それは「質感」の大切さです。
    衣装のデザインやコーディネイトをする時、色や形ばかりに気を取られますが、質感ってとても大事だなーと日々痛感しています。
    同じ黒い布でも、綿かウールか化学繊維かで光りの反射具合とか、シワのより方とか、全体の雰囲気とかが随分と変わります。着心地だってもちろん違います。
    本当に、布って奥が深いです。そしてそれを纏うって奥が深いです。

    そんでもって毎日布ばかり見て触って作っていると、無性に違うものが恋しくなる事があります。

    固さと強さ、光りや艶、冷たさ、真っ直ぐさ、均一感。
    布では出せないこういった感じが恋しくなったら、この引き出しを開けます。

    他にも、眺めているとアイデアがわいてくるようなパーツがいっぱいあります。

    スパンコール。

    ゴワゴワしたリボン状のテープ。

    ベレー帽。

    麦わら帽子のツバばっか。

    こうやってみると、本当に丸いものにお世話になっているハラプロ衣装です。
    私の顔も丸いしね。
    丸いもの万歳ですわ!

    「お熊空唄」ブログで先行予約やってます。
    詳細は5月17日のブログをご覧下さい。


    | hara-art | 衣装 | 14:06 | comments(0) | - | - |
    端切・はぎれ・ハギレ
    0
       どうも!衣装の丹羽です。
      衣装部屋で一人、黙々とチクチクガタガタやっていると、
      なんだかしょんぼりしてくることがあります。
      そんな時は、稽古場へゴーです。
      みんな真剣に楽しそうに稽古に励んでいて、元気をいっぱいもらえます。
      アイデアもわいてきます。
      なんか、ガソリンスタンドみたい。
      レギュラー満タン!ならぬ、やる気満タン!です。

      さて、今日ご紹介する素材は、ハギレです。

         

      ハラプロの衣装ケースには、ハギレがパンパンに詰まってます。
      それはそれはいろんな柄、色、素材のハギレが眠っています。
      座布団くらいのもあれば、ばんそうこうくらいのもあって、
      ◯、◇、△、ギザギザ君、ヒョロヒョロさん、色々です。
      使えないっちゃあ使えないんだけど、
      よく見るとどれもナイスな方々です。
      ジャケンにしたらかわいそうです。


          

      色のトーンを合わせると、生まれも育ちも違うハギレ同士が仲良くなります。
      パッチワークにしてみよう。
      ナニができるかな。お楽しみに〜!



      | hara-art | 衣装 | 10:31 | comments(0) | - | - |
      スーパー一座ののぼり
      0
        ハラプロの衣装担当してます、丹羽愛弓と申します。
        衣装のあれこれもたまに書いてみます!ヨロシクね!

        まずは。
        ハラプロの衣装のナニがすごいって、材料の豊かさです。
        原さんの人生の中で貯めてきた、貯まってきた、すてきーな着物やおもしろーい素材やヘンテコーな材料や、今じゃもう手に入らないぞってものが見事に保管されております。
        そんな貴重な素材を使わせていただけて、こんな嬉しいことはありません! 

        今回ご紹介するお宝素材は………

             
                ジャン!                ジャン!
          
            
                          ジャーン!

        そう、スーパー一座ののぼりでございます。
        原さんが何十年もの間大事に保管していました。23枚もです。偉いっ!
        まず色がめちゃくちゃカッコイイです。
        赤も青も黄も紫も、ピンクや黄緑でさえ、なんともいえない渋みと深みをたたえています。
        大須演芸場の外で、雨風太陽に晒されてハタハタはためいていたのでいい感じにやけていますが、それが本当にありがたいのです。
        こんな風に自然に色あせた感じは買ってきた布ではすぐに出せません。
        この雨ざらしの布の風合いは、しっくりと役者の体になじみ、舞台上でいい雰囲気をかもし出してくれます。また、機械でなく手で染めたからなのか、なんとも言えない素朴なあたたか味があります。
        斬新な配色もたまりません!
        なんか眺めてるだけでドキドキざわざわソワソワと胸が躍ります。

        さてさて、こんな貴重な素材をどう使うんだ〜?と責任重大ですが、めちゃくちゃやる気が出ちゃいます。
        永い眠りから覚め、ステキな衣に変身して、何十年ぶりかにお日様の光とみんなの視線をたっぷり浴びてもらいましょう!

        | hara-art | 衣装 | 23:44 | comments(0) | - | - |
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE